クレジットカードノ現金化は詐欺などの危険がたくさん

急な出費で手元に現金が足りなくなった場合、通常は消費者金融にお金を借りるのが一般的ですが、万が一審査に落ちた場合お金を借りることが出来なくなります。そういった時に取ることが出来るもう一つの手段がクレジットカードの現金化です。

業者に頼むと詐欺にあう可能性が高い

しかし、クレジットカードの現金化は一般的な現金を得るための手段と比べるととても危険が多く、リスクの高い方法なので、極力やらない方が良いでしょう。クレジットカード現金化のリスクについて、詳しく見ていくことにしましょう。まず、現金化を専門におこなう業者も最近は出てきていて、手間が省けると利用する人も老いのですが、悪質な業者が多く詐欺にあいやすいのが一つ目の危険性です。例えば10万円の商品を9万円にして振り込むと言いながら、自裁には手数料などで差し引かれ、6万円程度しか振り込まれないなんてことは普通にあり得ます。もっとひどい詐欺の場合、一円も振り込んでもらえないこともあるのです。

とても効率の悪いお金の借り方です

詐欺を回避する方法はただ一つ、クレジットカードの現金化を自分で行う事のみです。しかしこのクレジットカードを使って現金を得るという方法は、他の現金を得る方法と比べると、最も効率の悪い借金なのです。クレジットカードを使って現金を得た場合、年利に換算すると平均で数十パーセントから場合によっては100パーセントを超えることもあります。日本の年利の最高基準は20パーセントなので、いかに高い年利でお金を借りているかが分かります。消費者金融の審査基準はそれぞれ違います、一つの会社がだめでも他の会社なら通る場合もあります。

謝金が返済できなくなる可能性が高い

記事のイメージ画像

さらにクレジットカードの現金化は法律違反かどうかと言おう一面で言えば判断がとても難しい部分ではあるため、法律違反にはしにくい方法です。しかしながら利用しているカードを支給しているカード会社から見ればカードを使ってお金を得る方法というのは明らかに規約違反です。余りに頻繁に現金化をしていると場合によってはカードの使用自体を停められます。そして、カードでお金を借りると必ず借金はかさんでいきます。クレジットカードの現金化をおこなう人のほとんどが既に消費者金融からお金が借りれなくなっているような状態にまで謝金を重ねてきた人です。そんな人がさらに年利の高い方法でお金を借りれば間違いなく破たんするでしょう。

まとめ

クレジットカードを現金に換えるという行為は詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。自分で行えば回避できますが、そもそも効率がとても悪いですし、借金がどんどんかさんで返済が出来なくなることがほとんどです