クレジットカードの現金化で還元率は業者で違う

クレジットカードのショッピング枠を使って購入したものを売却することで、現金化をする仕組みがあります。いくら現金になるかの還元率があり、高くなるほど得だが業者によって率が違うので、高い業者を選びましょう。

できるだけ割良くお金を得る必要がある

生活をしていてお金が足りない場合があります。カードローン等の借入サービスを利用すればよいですが、必ずしもローン商品が利用できるわけではありません。主婦などだと利用できないこともあります。この時、クレジットカードの現金化サービスを検討してみましょう。クレジットカードのショッピング枠を利用する方法で、一定の買い物をするとそれに対して一定のお金を受けることができます。この時、還元率が高い業者を選ぶ方が良いでしょう。銀行のような利息はありませんが、買ったお金分がそのまま受けられるわけではありません。その差額が利息と同じ意味合いになるので、率が高いと利息分も少なくなります。

金額によって差が出る場合を知っておく

お金を借りるとき、借りる金額によって金利が変化する場合があります。カードローンなどでは、何パーセントから何パーセントと幅のある表示がされます。少ない時は高い金利が適用され、多い時は低い金利が適用されます。クレジットカードを使って現金化サービスを利用するとき、還元率が利用金額によって異なる場合があることを知っておきましょう。業者によって対応は異なりますが、ある業者は、10万円は90パーセントぐらいですが、100万円だどもう少し高くなります。そのため、キャッシングサービスよりコストが低くなる場合もあります。業者によっては同じところもありますが、変えているところなら得な場合もあります。

逆算をして最初の購入などをする

金融機関を利用してお金を得るとき、10万円欲しいならその申し込みをします。すると10万円がもらえます。では、クレジットカードの現金化の場合はどうかです。10万円で申し込むと、還元率を考慮して差し引いた金額が支払われることになります。85パーセントなら8万5千円になります。もし10万円欲しいのであれば、欲しい金額を還元率で割った金額で申し込みます。85パーセントで10万円なら、11万8千円ぐらいで申し込めば10万円ぐらいのお金を受けることができます。業者によっては、10万円が欲しい時にはいくらのものを買えばいいと教えてくれるところもあります。そちらを利用すると間違いにくいです。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠を使うことで現金化をすることができます。この時還元率が設定されていますが、できるだけ高いサービスを利用します。どれくらいお金が戻るかなので、高い方が得なサービスになります。